Windows7の6種類のエディションについて

マイクロソフトの最新OSのWindows7は6種類のエディションがあります。それぞれのエディションについて説明します。


Windows7の6種類のエディションについて

日本で発売されるエディションは5種類
個人向けホームプレミアム、企業向けプロフェッショナル
スターターエディション
Windows7各エディションの特徴
パフォーマンスが向上したWindows7


スポンサードリンク
 Windows7の6種類のエディションについて
 

 日本で発売されるエディションは5種類


2009年に発売された話題の新OSである、「Windows7」ですが、もうご購入した方もいらっしゃるでしょう。我が家はXPを使っていますが、まだまだ買い替えは先になりそうです。


このWindows7は、従来のOSと比べると、エディションが増えています。WindowsXPですと、「ホーム」、そして「プロフェッショナル」の2エディションだけでした。そして、WindowsVistaはどうかと言いますと、「ホームプレミアム」や「ビジネス」をはじめとした、5エディションでした。


ですが、今回のWindows7には、全部で6種類のエディションがあります。「スターター」、そして「ホームベーシック」、それに「ホームプレミアム」です。それから「プロフェッショナル」、そして「エンタープライズ」と更に「アルティメット」です。日本ではホームベーシックが発売されませんので、5つのエディションとなります。


日本で手に入るのWindows7のエディションは5種類、この中でネットブックなど、スペックが低いパソコンを除いたら、個人向けパソコンには「ホームプレミアム」がメインに搭載されると言います。


このエディションの中で、特に目を引く新しいものが「スターター」です。スターターエディションは、同時に起動させられるアプリケーションが3つまでと、使える機能を絞る予定でしたが、結局それはなくなりました。


では、どのようなパソコンにこのエディションが使われるかと言いますと、ネットブックなどの、スペックが低いパソコンに搭載されます。



 
 Windows7の6種類のエディションについて
  日本で発売されるエディションは5種類

  個人向けホームプレミアム、企業向けプロフェッショナル

  スターターエディション

  Windows7各エディションの特徴

  パフォーマンスが向上したWindows7
 

Copyright (C) 2010 Windows7の6種類のエディションについて All Rights Reserved.
 

ユーザー車検 | インポートランジェリー| 民主党 | 新入社員のビジネスマナー | 「イオントゥースホワイト」で本当に歯が白くなるか
暑い季節は通気性の良いニットタイがおすすめ | ペット 葬儀 | 健康的に痩せよう!プロテインダイエット | 婚活 | ジャズダンス上達法